Algorave Osaka

2018年11月10日(土)

open 18:30 - close 23:00

会場:Club Stomp

TidalCycles workshop Osaka

2018年11月11日(日)

開始 13:00 - 終了 18:00

会場:environment 0g (大阪市西区南堀江3-6-1 西大阪ビルB1F)

モデレーター: Alex McLean その他

参加申込みフォーム

Womens' workshop Osaka

2018年11月11日(日)

開始 13:00 - 終了 18:00

会場:STARRYWORKS inc. (大阪市中央区谷町4-3-7)

モデレーター: Joanne Armitage / Lucy Cheeseman / okachiho

※女性/ノンバイナリー・ジェンダーの方のためのイベントです。該当する方のみご参加いただけます。

参加申込みフォーム

Concert at environment 0g

2018年11月11日(日)

open 19:30, start 20:00 - close 23:00

会場:environment 0g

Live coding workshop for women/non-binary at Tokyo Tama Art Uni. #1

2018年11月14日(水)

開始 13:00 - 終了 16:00

会場:多摩美術大学 (八王子キャンパス 情報デザイン棟 25-205教室, 東京都八王子市鑓水2-1723)

モデレーター: Joanne Armitage / Lucy Cheeseman / okachiho

※女性/ノンバイナリー・ジェンダーの方のためのイベントです。該当する方のみご参加いただけます。

参加申込みフォーム

Workshop at Tokyo Tama Art Uni. #2

2018年11月15日(木)

開始 13:00 - 終了 16:00

会場:多摩美術大学 (八王子キャンパス 情報デザイン棟 25-205教室)

モデレーター: Alex McLean その他

参加申込みフォーム

Sapporo - Tokyo Live Coding Summit

2018年11月15日(木)

開始 18:00 - 終了 19:30

会場(東京):多摩美術大学 (八王子キャンパス 情報デザイン棟 25-205教室)

会場(札幌):テラス計画 (札幌市中央区北2条西4丁目1番地 札幌三井JPビルディング内 赤れんが テラス5階)

アクセス(札幌 テラス計画)

  • JR 函館本線・千歳線・学園都市線 札幌駅 徒歩5分
  • 地下鉄 南北線 さっぽろ駅 徒歩2分

主催:多摩美 x SIAFラボ

一部 活動紹介

開始 18:00 - 終了 18:40

  • Alex McLeanによる 活動紹介 〜 access space の活動について

  • SIAFラボの活動紹介 〜 テレコーディングを中心に

二部 東京 - 札幌テレコーディングパフォーマンス

開始 19:00 - 終了 19:30

※こちらは東京会場への参加申し込みフォームです、札幌会場へのお申し込みはこちらのページよりお願い致します。

問い合わせ先:メディア芸術コース研究室 Tel: 042-679-5634

参加申込みフォーム

Advanced TidalCycles Workshop in Tokyo 23 Wards

2018年11月17日(土)

開始 13:00 - 終了 18:00

会場:Upgrade International (神田) (東京都中央区日本橋本石町4-5-5 8F)

モデレーター: Alex McLean

参加申込みフォーム

Live coding workshop for women/non-binary in Tokyo 23 Wards

2018年11月17日(土)

開始 13:00 - 終了 18:00

会場:朝日新聞メディアラボ

※女性/ノンバイナリー・ジェンダーの方のためのイベントです。該当する方のみご参加いただけます。

参加申込みフォーム

Algorave x NxPC.Lab at Tokyo (IAMAS)

2018年11月18日(日)

open 18:00 - close 23:00

会場: CIRCUS Tokyo

詳細はこちら

※non-binary(ノンバイナリー・ジェンダー)

non-binary(ノンバイナリー・ジェンダー)とは、ご自身のことを男性・女性のどちらでもない第3の性別と考えている方のことです。日本語の"Xジェンダー"と同じ意味を指しますが、日本ではあまり一般的ではないようです。"Xジェンダー"についてはWikipediaの日本語記事を参照してください。

About Algorave:

Algoraveは「条件式の繰り返しを絶え間なく送り出していくことで全面的ないしは全般的に特徴付けられた音」によって作られる。昨今では、エレクトロニック・ミュージックの殆どがソフトウェアを使って作られるが、ソフトウェアのアルゴリズムを作る人と音楽を作る人との間には人為的な障壁が存在する。アルゴリズムによる音楽やヴィジュアルを作るために設計されたIXI Lang、puredata、Max/MSP、SuperCollider、Extempore、Fluxus、TidalCycles、Gibber、Sonic Pi、FoxDotそしてCyrilといったシステムを使うことにより、その障壁は崩され、ミュージシャンは自分たちの音楽をアルゴリズムとして作曲し、そのまま生演奏することができる。このことには良い面と悪い面があるが、異なったアプローチは興味深い状況へと導いてくれる。

これは何も新しい考え方ではない。しかしAlgoraveは音楽を作り、音楽で踊る人間に焦点を合わせている。Algoraveのミュージシャンたちは自らのソフトウェアがクリエイティヴであるように装ったりせず、自分たちの作る音楽に対する責任を引き受け、持っている手段は何でも使って、音楽を形作る。より重要なのは、ミュージシャンがしていることにではなく音楽に、そしてそれに合わせて踊る人に焦点を合わせることだ。Algoraveは過去のレイヴとは異質なもの、奇妙な、アルゴリズムによって処理された未来的なリズムとビートを受け入れ、取り入れる。ミュージシャンがこのことに意味をもたらし、本当にクリエイティヴなことを行なって素晴らしいパーティーにできるかどうかは、ダンスフロアにいる人たちの助けによるところが大きい。

原文: https://algorave.com/about/

How to start your Algorave:

何よりまず: ぜひ気軽にAlgoraveを主催したり宣伝したりして、楽しんでください。Algoraveは誰かが管理するブランドでもフランチャイズでもありません。それを使って何でも好きなことをして構いません。ただし、Algoraveはコミュニティでもあるので、参加に際してはそれに由来するいくつかのガイドラインに従ってもらわなければなりません。

フルレンジのスピーカーと高コントラスト比のプロジェクターが小さな暗い部屋にあって、できれば霧や煙が出せれば、もう間違いありません。何列も席のあるところでコンサートをしたいならそれもいいでしょうが、Algoraveとは言えません。

アルゴリズムのプロセスを見せる: 演奏/演目はたいてい、コードの記述とアルゴリズムによる音楽や映像の生成が含まれていて、そのコードとアルゴリズムのプロセスが可視化されていなければなりません。けれども、必ずしもライヴコーディングでなくていいですし、画面を映し出したくない人もいるでしょう。そうしたことにこだわらず、より面白く多様になるよう、異なるアートフォームやアプローチをどんどん好きなようにミックスしてください。

How to involve with us:

ローカルとネット上のコミュニティを作る: もし既にあなたの住む地方で活発に活動している人たちがいるなら、連絡を取って参加しましょう。できれば、自らAlgoraveを開催することを考えながら、合流してください。結構楽しいですよ。

ネット上には、演奏者とイベント運営者の活発なコミュニティがあります。皆喜んで手伝ってくれます。宣伝材料として目印になるような素材も提供してくれます。 おすすめしたいのは

抜粋: Algorave/guidelines 日本語訳

また TOPLAP Japanという日本語コミュニティがあります。Twitterにアカウントがありますので気軽にメンションかDMお送りください。もしくはtoplapjapan@gmail.comへメールしてください。